--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-09

試してみよう♪「稽古方法を考える」




今回、「蒼月潮」を演じるのは“ちゅん”こと、家谷脩斗だ。
「潮」を彼に預け、私は初代から未だ代わりなく「中村麻子」をさせて頂くことになった。

さて…。

先代の目の前で「潮」を演じるプレッシャーは計り知れないでぁろう(笑)
そう思いはしつつ、私は私の仕事をしなければならない。
「潮」と認識されている現状の中、今までやってきた「麻子」をそのまますると【やっぱ潮ぢゃん】になってしまう。
そもそも「麻子」は「潮」の女バージョンみたいなもので(ここではあくまで表面的な意味で…。根本的にはやはり男と女なので違うと思う。)、
私が初めて「潮」を演じた時…あまり「麻子」とやることは変わらなかった。
それが逆になる場合…『妙に女臭く』なってしまうのだ。
困った…。お客さんには違うモノとして感じさせたい。でも、私の「麻子」は「たもつらしい麻子」なのだ。
『たもつ』=『潮』となっているお客さんに、どう観せる…。

『そうだ!』

芝居は1人で出来ないもので。
まだ模索中であろう、ちゅんにも手伝ってもらおうと思う…。
彼の「潮」と私の「麻子」には、思い出がなさすぎるのだ!
今回の話は、『2人の変わらない絆』がより役作りのポイントになる。

試してみよう…。
過去の台本を使って、『2人の関係』を築き上げてみようか。

…なにか、なにかが生まれるように

日々挑戦。。。
ギリギリまで足掻く。。。

こんな2人の形もまた、
見守ってやってくださいf^_^;




~舞台うしおととら~
『HIGH SPEED EATER』
☆10/18(金)~10/20(日)
☆時間…金→19時半/土→15時&19時半/日→14時&18時。
☆会場…シアターOM
☆料金…前売り1500円/当日1800円
☆予約→DMにてお待ちしております♪

★北海道にて妖怪退治に使われる『獣の槍』と『死んだと聞かされていた母親の秘密』を知る旅を終え、東京に帰ってきた少年“蒼月潮”と彼に取り憑く妖怪“とら”。命掛けの旅を終えて彼を待っていたのは、やんちゃな学生仲間と過ごす平凡な学校生活…のはずであった。
「中村麻子が暴走族に入った!?」“間崎先輩”から聞かされた噂を確かめようとする潮の前に、幼馴染の“中村麻子”が現れ“ヒロちゃん”と呼ぶ男にヘルメットを手渡す。
「俺と麻子はなんの関係もねーさ!」
そう言い放ち、去る潮。「麻子は俺のもんだ」と笑うヒロシのバイクに『獣の槍』が反応を示すが…!

お楽しみに☆
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

たもつ

Author:たもつ
ぃやぁぁああ~~~
どぉおおおもぉぉぉおお~~~!!

シアターOMうしとらプロジェクトの「たもつ」っちゅうもんです★
大阪の老舗劇団シアターOMの門をたたいて早●年。

うしとらプロジェクトの旗揚げメンバーとして、
小学館と原作者の藤田先生ご公認のもと『舞台うしおととら』1巻~33巻までを爆演中っ!

レギュラー出演:蒼月潮役(二代目)、中村麻子役など

その他、舞台・イベント・映像など幅広く活動中★


「ブログを通しての御縁、ぢゃんぢゃか受付中です♪
特に、舞台に興味ある方、うしとら大好きな方、お気軽にメッセージ下さいね★」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。